完全無料!全国対応!修理や清掃もOK!業務用複合機を最大5社から一括見積。一括見積もりスタート

業務用複合機VS家庭用複合機【どっちが事務所に良い?】

複合機一括見積もり お問い合わせの流れ

fgdgd1

業務用複合機一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 

 

 

複合機ログの堀田です。

今回はタイトル通り、どちらがオフィスに使うのに適しているか?
という内容でコラムを書こうと思います。

 

何故この様なコラムを書いたのかというと、
家庭用複合機を大絶賛しているブログがあり、その中に
「業務用複合機はもう古い!!」と豪語してたので反論として書きました。

 

 

 

①業務用複合機のメリット・デメリット
②家庭用複合機のメリット・デメリット
③月間の印刷枚数が200枚の場合はどっちがいい?

 

 

 

①業務用複合機のメリット・デメリット

1206_4multifunction_01

 

メリット

○印刷スピードが早い
耐久性が優れている
○ランニングコストは安い
○多機能
○メンテナンス保守が無料で付いてくる
○トナー(粉)を使っているので印刷の質が良い

 

デメリット

○購入費 又は リース料が高い
○タテヨコ60センチの場所を必要とする

 

 

以上が業務用複合機のメリットデメリットですが、
はっきり言って価格以外の弱点はありません

 

複合機メーカーのランキング【評判やおすすめ】
というコラムで最下位の8位にムラテックというメーカーにしておりますが、
それでも5年ぐらいは普通に使える品質です。

 

特に業務用複合機の良さを伝える為にまず言わないといけないのは、
ネット回線で業務用複合機と各メーカーの営業所がつながっており、
何かトラブルあった場合は自動でエラーコードが飛ぶようになっております。

 

また、ネットでつながっているという事は他にもメリットが有り、
カウンター料金も自動で計算されるので、
わざわざサービスマンが検針の確認で訪問する事もありません。

 

カウンター機の場合は、トナーが無料なので残量が少なくなったら自動で送られてきます。

 

 

 

②家庭用複合機のメリット・デメリット

xv

 

メリット

○本体価格が数万で買える
○スペースを取らない

 

 

デメリット

インクジェット(水性)なので品質が悪い
○印刷スピードが遅い
○ランニングコストが高い
○耐久性が悪い
○保証が1年付いているが自分で発送しなければならない

 

 

以上が家庭用複合機のメリットデメリットですが、
家庭用複合機は良い意味でも悪い意味でも「家庭用」なので、
悪かろう安かろうという複合機です。

 

エプソンなんかはビジネスプリンターとうたっていますが、
起業してお金が貯まるまでの繋ぎとして使っている方が多いです。

 

特に一番違うのはやはり耐久性です。
私が業務用複合機を売ったお客様では大体月に300枚を3ヶ月続けたら
何かしらの異常が出たから変えたと言っている方がいました

 

期間の違いはあるのものの、半年以内には不具合を訴える方は多いです。

 

 

 

③月間の印刷枚数が200枚の場合はどっちがいい?

ba9b03b1e8f770c05a974abd88c19964_s

 

オフィスで使う分にはどっちが良い?と聞いてしまったら
圧倒的に業務用に軍配が上がってしまうので、
月間の印刷枚数が200枚と仮定して話しましょう。

 

月間200枚の印刷枚数では業務用複合機の方が費用対効果が高いです。

 

もちろん、OA機器会社によっては同じ複合機の販売価格に
100万円の差が出る事もざらなので、きちんと安い会社から導入した場合の話ですが。

 

月間100枚でどっちでもいいかな?という印象ですね。
なので、100枚以上なら業務用複合機、
100枚未満なら家庭用というのがベストな選択だと思います。

 

 

 

関連記事

  • 複合機のメンテナンス保守は何年まで無料?
  • 複合機・コピー機の法定対応年数は?【国の規定】
  • 複合機メーカーのランキング【評判やおすすめ】
  • 輪転機(印刷機)とコピー機の違い【メリットやデメリット】
  • 複合機のICカードリーダーとは?【個別に権限を与える】
  •  

     

    一括見積もりスタート